Germany Wilhelmshaven FSRU Project ドイツWilhelmshaven FSRUプロジェクト

プロジェクト概要

ドイツ北西部Wilhelmshaven港に263,000㎥型の大型FSRUを設置する洋上LNG受入基地プロジェクトです。

LNG受入基地イメージ図 (LNG Terminal Wilhelmshaven社提供)

プロジェクト内容

ドイツ・Uniper様が主導するドイツ初の洋上LNG受入基地プロジェクトです。

Wilhelmshaven港の沖合に新設される桟橋に、本プロジェクトの為に新造されるFSRUを係留し、LNGの受入・貯蔵・再ガス化・再出荷サービスを提供します。再ガス化された天然ガスは海底・陸上パイプラインを通じて、ドイツ国内およびEU域内のガスパイプラインネットワークに供給される予定です。

当社は、2020年5月20日に本プロジェクトの事業主体であるUniper様100%出資子会社のLNG Terminal Wilhelmshaven様との間でFSRU 1隻の長期貸船契約を締結。FSRUの保有・操業を通してプロジェクトに参画します。

 

img_case_22
ドイツ北西部 ウィルヘルムスハーフェン港所在地

乗り越えた課題

排気ガス・排水・騒音等に関するドイツ及びEUの厳しい環境規制に対応した本船仕様及び操業体制を実現すべく、プロジェクト初期段階から、Uniper様及び造船所との仕様選定・検討・評価をリードしています。

関連プレスリリース

FSRUの事例集はこちら

日本で唯一のFSRU保有・運営会社である商船三井(MOL)が手掛けた、FSRUやFSRUに関連するプロジェクトの事例・実績をまとめた資料をダウンロードいただけます。

詳細を見る

FSRUの事例・実績

FSRU

当社が初めてFSRU事業に参画したプロジェクト

FSRU

日本で初めてLNGのSTS(Ship to Ship)荷役を行ったプロジェクト

FSRU

日本企業として唯一、保有及び操業を行うFSRUを初めて投入したプロジェクト

FSRU

香港初の洋上LNG受入基地向けに「MOL FSRU Challenger」を投入するプロジェクト

FSRU

インド初の新造FSRU、LNG受入ターミナル建設・運営プロジェクト

FSRU

アジア初のFSRUを用いたGas to Powerプロジェクト

FSRU

FSRUと発電船を組み合わせ、ガス発電により陸上に電力を供給するプロジェクト

サービス紹介(FSRU)

詳細を見る

よくあるご質問

FSRUに関してよくお問い合わせいただくご質問とその回答をご紹介いたします。

詳細を見る

用語集

FSRUに関する設備・機能・仕組み等の用語の意味をご紹介いたします。

詳細を見る

  • 海運ホワイトペーパー

    海運ホワイトペーパー

    海上輸送に関する最新情報をまとめた資料をダウンロードいただけます。

  • 会社案内ダウンロード

    会社案内ダウンロード会社案内ダウンロード

    商船三井の会社案内資料をダウンロードいただけます。

  • サービスについてのご相談

    サービスについてのご相談サービスについてのご相談

    各種サービスに関して、お気軽にご相談ください。

  • その他のお問い合わせ

    その他のお問い合わせその他のお問い合わせ

    各種お問い合わせはこちらからどうぞ。