Hong Kong FSRU Project 香港FSRUプロジェクト

プロジェクト概要

香港初の洋上LNG受入基地向けに「MOL FSRU Challenger」を貸船することに加え、洋上固定桟橋の長期保守操業サービスを提供するプロジェクトです。

プロジェクト内容

香港地場電力会社であるCLP Power Hong Kong Limited様とThe Hongkong Electric Company, Limited様が推進する香港初のLNG受入基地プロジェクトです。香港政庁が大気汚染を含む環境改善を目的に、発電燃料の約半分を天然ガス化する政策の実現に向けて計画するものであり、当社は世界最大のFSRU「MOL FSRU Challenger」を投入するとともに、FSRU及びLNG船が荷役を行う洋上の固定桟橋の長期保守操業(着桟作業・荷役作業など)を請け負います。

香港は歴史的に当社の海外重要拠点であり、同地において長年培った地場の強固なネットワークを生かし、本プロジェクトに参画します。2022年操業開始(予定)に向けて香港南海上(ソコ群島東方)に建設される固定桟橋に「MOL FSRU Challenger」を係留し、新設される海底パイプラインを通して、新界地区にあるブラックポイント火力発電所、及びラマ島にあるラマ火力発電所の2カ所に天然ガスを供給します。

img_case_21

乗り越えた課題

2カ所の発電所からの大きなガス需要に応えるべく、MOL FSRU Challengerの再ガス化能力を増強するための改造工事を実施します。プロジェクトチームを組んで改造工事仕様検討、各種機器発注、改造ヤード手配、工程管理等に取り組んでいます。

関連プレスリリース

FSRUの事例集はこちら

日本で唯一のFSRU保有・運営会社である商船三井(MOL)が手掛けた、FSRUやFSRUに関連するプロジェクトの事例・実績をまとめた資料をダウンロードいただけます。

詳細を見る

FSRUの事例・実績

FSRU

当社が初めてFSRU事業に参画したプロジェクト

FSRU

日本で初めてLNGのSTS(Ship to Ship)荷役を行ったプロジェクト

FSRU

日本企業として唯一、保有及び操業を行うFSRUを初めて投入したプロジェクト

FSRU

インド初の新造FSRU、LNG受入ターミナル建設・運営プロジェクト

FSRU

アジア初のFSRUを用いたGas to Powerプロジェクト

FSRU

FSRUと発電船を組み合わせ、ガス発電により陸上に電力を供給するプロジェクト

サービス紹介(FSRU)

詳細を見る

よくあるご質問

FSRUに関してよくお問い合わせいただくご質問とその回答をご紹介いたします。

詳細を見る

用語集

FSRUに関する設備・機能・仕組み等の用語の意味をご紹介いたします。

詳細を見る

  • 海運ホワイトペーパー

    海運ホワイトペーパー

    海上輸送に関する最新情報をまとめた資料をダウンロードいただけます。

  • 会社案内ダウンロード

    会社案内ダウンロード会社案内ダウンロード

    商船三井の会社案内資料をダウンロードいただけます。

  • サービスについてのご相談

    サービスについてのご相談サービスについてのご相談

    各種サービスに関して、お気軽にご相談ください。

  • その他のお問い合わせ

    その他のお問い合わせその他のお問い合わせ

    各種お問い合わせはこちらからどうぞ。