tomakomai STS Project 苫小牧STSプロジェクト

プロジェクト概要

苫小牧港において日本で初めてLNGのSTS(Ship to Ship)荷役を行ったプロジェクトです。

img_case_17

プロジェクト内容

北海道・勇払ガス田からのガス供給の補完として、2013年の石狩湾新港のLNG受入基地完成までの間、苫小牧港の桟橋にてLNGの受入・貯蔵、及びSTS(シップ・ツー・シップ:Ship-to-Ship)により小型LNG船へのLNG積み替え荷役を実施しました。当社が保有・管理するLNG船(当時)をFSU(浮体式LNG貯蔵設備:Floating Storage Unit)として投入し、2011年~2012年にかけて合計51回に渡るSTS荷役に関与しました。

乗り越えた課題

2011年当時、世界的にも商用でのLNGのSTS荷役の歴史が浅く、国内での実施は本プロジェクトが初めてのケースでした。当社はSTS操業マニュアルを作成し、船級協会の認証を本邦企業で初めて取得。海気象が厳しい日本北部の冬期の操業でありながら、安全なSTS荷役を実現し、冬場のエネルギー緊急供給に貢献しました。

FSRUの事例集はこちら

日本で唯一のFSRU保有・運営会社である商船三井(MOL)が手掛けた、FSRUやFSRUに関連するプロジェクトの事例・実績をまとめた資料をダウンロードいただけます。

詳細を見る

FSRUの事例・実績

FSRU

当社が初めてFSRU事業に参画したプロジェクト

FSRU

日本企業として唯一、保有及び操業を行うFSRUを初めて投入したプロジェクト

FSRU

香港初の洋上LNG受入基地向けに「MOL FSRU Challenger」を投入するプロジェクト

FSRU

インド初の新造FSRU、LNG受入ターミナル建設・運営プロジェクト

FSRU

アジア初のFSRUを用いたGas to Powerプロジェクト

FSRU

Uniper社がドイツ北西部Wilhelmshaven港で検討・推進する大型FSRUによる洋上LNG受入基地プロジェクト

FSRU

FSRUと発電船を組み合わせ、ガス発電により陸上に電力を供給するプロジェクト

サービス紹介(FSRU)

詳細を見る

よくあるご質問

FSRUに関してよくお問い合わせいただくご質問とその回答をご紹介いたします。

詳細を見る

用語集

FSRUに関する設備・機能・仕組み等の用語の意味をご紹介いたします。

詳細を見る

  • 海運ホワイトペーパー

    海運ホワイトペーパー

    海上輸送に関する最新情報をまとめた資料をダウンロードいただけます。

  • 会社案内ダウンロード

    会社案内ダウンロード会社案内ダウンロード

    商船三井の会社案内資料をダウンロードいただけます。

  • サービスについてのご相談

    サービスについてのご相談サービスについてのご相談

    各種サービスに関して、お気軽にご相談ください。

  • その他のお問い合わせ

    その他のお問い合わせその他のお問い合わせ

    各種お問い合わせはこちらからどうぞ。