Neptune Project Neptuneプロジェクト

プロジェクト概要

当社が初めてFSRU事業に参画したプロジェクトです。

img_neptuneproject_03

プロジェクト内容

アメリカ東部・Boston沖洋上LNG受入基地プロジェクト。傭船者GDF Suez(現Engie)様、共同船主Hoegh LNG様との共同開発案件であり、「Neptune」「Cape Ann」の2隻がBoston沖での再ガス化操業と、LNG輸出基地からのLNGシャトル輸送を交互に行う計画でした。

プロジェクトの現状

プロジェクトの投資決定がされたのち、2000年代後半のシェールガス革命により、アメリカがLNG輸入国から一転してLNG輸出国となりました。2009年の本船竣工後、Boston沖で洋上係留ブイ、再ガス設備のコミッショニング操業が行われたものの、アメリカでのLNGの需給バランス逆転により、当初想定していたLNGシャトル輸送および再ガス化操業は行われることなくプロジェクトは終了されました。その後、「Neptune」および「Cape Ann」の2隻はそれぞれ、中国・天津基地やトルコ・Aliaga基地にてFSRUとしての操業機会を得て、現在はEngie様より事業を引き継いだTotal様への長期傭船契約のもとLNG船、FSRU双方の機能を持つ船舶としてTotal社ポートフォリオに組み込まれています。当社は本プロジェクトにおいて、FSRUの建造監督に初めて携わり、FSRU設計に関する知見を取得したことで、以降のプロジェクトにとっても大きな足掛かりとなりました。

img_neptuneproject_01

関連プレスリリース

FSRUの事例集はこちら

日本で唯一のFSRU保有・運営会社である商船三井(MOL)が手掛けた、FSRUやFSRUに関連するプロジェクトの事例・実績をまとめた資料をダウンロードいただけます。

詳細を見る

FSRUの事例・実績

FSRU

日本で初めてLNGのSTS(Ship to Ship)荷役を行ったプロジェクト

FSRU

日本企業として唯一、保有及び操業を行うFSRUを初めて投入したプロジェクト

FSRU

香港初の洋上LNG受入基地向けに「MOL FSRU Challenger」を投入するプロジェクト

FSRU

インド初の新造FSRU、LNG受入ターミナル建設・運営プロジェクト

FSRU

アジア初のFSRUを用いたGas to Powerプロジェクト

FSRU

FSRUと発電船を組み合わせ、ガス発電により陸上に電力を供給するプロジェクト

サービス紹介(FSRU)

詳細を見る

よくあるご質問

FSRUに関してよくお問い合わせいただくご質問とその回答をご紹介いたします。

詳細を見る

用語集

FSRUに関する設備・機能・仕組み等の用語の意味をご紹介いたします。

詳細を見る

  • 海運ホワイトペーパー

    海運ホワイトペーパー

    海上輸送に関する最新情報をまとめた資料をダウンロードいただけます。

  • 会社案内ダウンロード

    会社案内ダウンロード会社案内ダウンロード

    商船三井の会社案内資料をダウンロードいただけます。

  • サービスについてのご相談

    サービスについてのご相談サービスについてのご相談

    各種サービスに関して、お気軽にご相談ください。

  • その他のお問い合わせ

    その他のお問い合わせその他のお問い合わせ

    各種お問い合わせはこちらからどうぞ。