BLOG ブログ

コロナ禍でタンカーマーケットが急騰した理由とは

  • マーケット分析

2020年10月02日

コロナ渦によるタンカーマーケット急騰の理由

 新型コロナウイルスの感染者数が増えていく中、日本では1973年のオイルショックから40年以上経っても同じように、情報の錯綜により一部地域で、トイレットペーパーやティッシュの買占めがおきたことは記憶に新しいと思います。今回はそう言った製品の元となる石油の荷動きの変化についてみていきます。

原油価格がマイナスに!

 2020420日、ニューヨーク市場で国際的な原油取引の指標となる、WTI原油(West Texas Intermediate※)の一部の取引価格終値がマイナス37.63ドルと、歴史上初めてマイナスを記録したことは皆さんの記憶に新しいのではないでしょうか。

マイナス価格ということは、原油を売る側が、お金を払って引き取ってもらうという異常事態です。これはコロナ渦により米国内の石油需要が減少したことにより、これまで貯蔵していた原油の消費が進まず、クッシング(オクラホマ州にあるアメリカ最大の石油ハブ)の原油貯蔵タンクが満杯寸前になったことが主要因です。原油の貯蔵容量が限界が近づき、タンク利用料が高騰したため、お金を払ってでも誰かに原油を引き取ってもらいたい、ということになったのです。(WTI原油の先物取引は、実際に現物(原油)受け渡しを伴います。)クッシング原油在庫-1

(2020年4月から5月にかけて在庫が積みあがっているのがわかります)

原油価格推移-1

(在庫の積み上がりと同時に、原油価格は大暴落)


(※)西テキサス地方の中質原油という意味で、原油価格の代表的な指標のひとつ

世界的な石油需要の減少

  •  国際エネルギー機関(IEA)のOil Market Reportによれば、2020年第二四半期の世界の石油需要は、新型コロナウィルスの感染拡大により、前年同期比約17%減少しています。特に、航空機用のジェット燃料と自動車用のガソリン・軽油の減少が顕著です。
  • 一方、石油の生産は、石油輸出国機構(OPEC)と、OPEC非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」による協調減産が進められていますが、前年同期比約8%の減少にとどまっています。下図の通り、2019年と比較し、石油の需要と供給のバランスが大きく崩れているのが見て取れると思います。
  • このようにして、需要を失った石油は大幅な供給過剰に陥り、その価格が大きく下落することとなったのです。

石油需要供給-1

   (2020年1Q, 2Qでは供給過剰となっている)

石油需要とタンカー需要

 一般的に、石油は産油国(輸出)から消費国(輸入)へ、タンカー(※)で輸送されています。2019年の世界の原油の海上輸送量は約20億トン。原油を精製した石油製品(ガソリン、軽油、ナフサ、ジェット燃料など)の海上輸送量は約10億トン程度、合計30億トンもの石油を輸送するため、世界中の海をタンカーが行き来していました。コロナ渦により石油需要が大きく減少したため、各国では輸入の必要がなくなり、輸送需要、つまりタンカーの需要も減少するだろうと考えられていました。

ところが・・・、予想に反して、タンカーの需要は減少せず、原油価格の下落に反して、タンカーマーケットは急上昇することとなったのです。何が起こったのでしょうか。

  • タンカーマーケット-1
  • (タンカーの基準運賃を示すWorld Scaleの推移。3月から4月にかけて急騰)

(※)液体を運ぶ船舶を指します。船の中の貨物を積むスペースがタンク構造(液槽)になっていることから、タンカーとよばれます。

 

タンカーが洋上貯蔵タンクに

  • 前述のアメリカ貯蔵タンクと同様、世界で需要を失った石油は、世界各地の貯蔵タンクに在庫として積み上がることとなりました。
  • しかし、貯蔵タンクが不足してきたからと言って、直ぐに建設出来るものでもありません。そこで、タンカーの出番がやってきました!タンカーはもちろん輸送用の船舶ではありますが、船の中は複数のタンクで構成されていることから、”洋上の”貯蔵設備として利用されることになったのです。
  • 輸送ではなく貯蔵のために、タンカー需要が急増し、それに応じ、タンカーの使用料も高騰したということです。

洋上で石油を貯蔵する意味とは

タンカーが洋上貯蔵タンクとして利用されるのは、物理的に陸上貯蔵タンクが不足しているからだけではありません。原油先物市場でコンタンゴ(期先の価格が期近の価格より高い状態)となっている場合、「コンタンゴプレー」を目的としてタンカーが利用される場合もあります。足下の安値で原油を買って、将来高値で売る先物契約を決める。その間の原油の貯蔵費用として、一定期間のタンカーの使用料と、その他の諸費用を差し引きし、利鞘を稼げるのであれば、かなり手堅いビジネスとなり得る訳です。

ある調査機関は、世界に約800隻あるVLCCVery Large Crude Carrier:約30万トンの貨物を積載することの出来る大型タンカー)のうち、100隻以上が原油の洋上タンクとして使用されていたと分析しています。

船は荷物を運ぶのみならず、場合によっては、積荷の貯蔵施設となることもあります。陸上の貯蔵タンクは移動することが出来ませんが、タンカーであれば世界中のどこでも、必要とされる場所に移動して洋上貯蔵タンクとして利用することが出来るのです。

石油の安定輸送を目指して

新型コロナウィルスの感染拡大は依然として深刻ではありますが、世界の石油需要は徐々に回復しています。いずれ石油の需要および海上トレードも少しずつ増加に転じることでしょう。タンカーは、私たちが日々、当たり前のように使っているガソリン、また軽油や灯油など、エネルギーの安定供給を支え続けるため、世界の海を日々走り続けるのが本来の使命です。

商船三井のタンカー船隊は、世界のエネルギーを支える存在として、今後も世界の需要、お客様のご要望に沿ったサービスを提供していきます。

商船三井のタンカー船隊規模

(商船三井のタンカー船隊規模(2020年3月時点))
ブログ更新のお知らせや、海上輸送に関する最新情報を お届けする「メールマガジンの購読」はこちらから
たかひろん

記事投稿者:たかひろん

1991年入社。前世紀には鉄鉱石・石炭等のドライバルク輸送、今世紀に入ってからは原油・石油製品を輸送するタンカー部門、当社運航船向けの燃料調達業務を経験し、現在はマーケットリサーチに携わる50代男性。お腹周りの脂肪が目立つのは油っぽい業務を長く担当したせいか。。。

メルマガ購読

  • 海運ホワイトペーパー

    海運ホワイトペーパー

    海上輸送に関する最新情報をまとめた資料をダウンロードいただけます。

  • 会社案内ダウンロード

    会社案内ダウンロード会社案内ダウンロード

    商船三井の会社案内資料をダウンロードいただけます。

  • サービスについてのご相談

    サービスについてのご相談サービスについてのご相談

    各種サービスに関して、お気軽にご相談ください。

  • その他のお問い合わせ

    その他のお問い合わせその他のお問い合わせ

    各種お問い合わせはこちらからどうぞ。